検索

今後の動向

現在、膠着状態にある国軍と、国軍反対派。今後、どうなっていくのでしょうか。同僚の先生などの話から、反対派の人たちがどのような絵を描いているか書いてみます。 反対派の人たちの武器はデモとCDM(Civil Disobedient...

マンダレーで最大規模のデモ

2月1日の国軍によるクーデターから3週間が経った。市民は昼間はデモを行い、夜は住民が交代制で自警団を結成し、見回りを行っている。これは国軍によって解放された2万の囚人たち、及び、不当に家に侵入しデモ参加者を拘束する軍から、自分たちを守るためである。特に、自警団が捕らえた囚人...

軍事クーデターと国民のデモ

2月1日にミャンマー国軍が、アウンサンスー・チー氏を含むNLDの主要メンバーを拘束し、クーデターを起こした。理由は2020年に行われた選挙結果が不服だったからと言う。国民は2015年まで軍の統治を経験し、その暗黒時代を嫌になるほど味わっており、二度とあの時代に戻りたくないと...

チャウセー旅行

7月16日の祝日を利用して学生たちと観光バスで旅行に行きました。マンダレー管区内のチャウセーという町を越えたところにある村で、大自然を満喫、リフレッシュできました。また、近いうちに行きますよ!!

2019年7月期、特別奨学生での申請が認められる

先日、2019年7月期留学申請の結果が発表された。 この中で「京都民際日本語学校」さんから特別奨学生という形で申請した者の申請が認められ、無事ビザが交付されたのは、当校としても非常に大きな成果で、貴重な前例になった。 彼女は元々、2018年の7月生として通常の申請をしたが些...

ミャンマー人COE不交付理由 「残高証明書に信憑性なし」について

2019年度4月期のミャンマー人留学ビザ申請におけるCOE不交付理由「残高証明書に信憑性なし」について考察してみたい。「残高証明書に信憑性なし」と言っても、経費支弁者の銀行残高証明書の偽物を提出しているケースは、現在はほとんどないと思われる。以前はあったかもしれないが、入管...

ミャンマー人留学生のCOE交付状況と今後の対応

今月、2019年4月期日本留学のビザ申請の交付結果が発表された。今回の結果は、日本語学校および留学エージェントにとって大きな衝撃を与え、多くの学校は今後の運営方針の変換を迫られ、場合によっては学校存続の死活問題にもなりえるものであった。 東京への申請はほぼ全滅!?...

マンダレー近郊のITを教えている大学

マンダレー近郊にはITを教えている工科系大学が多い! マンダレー工科大(写真1枚目)を始め、ザガイン、チャウセー、モンユワなどのマンダレー近郊都市の工科大でもIT学部はあるし、マンダレー、チャウセーにはコンピューター大学もある。さらに、マンダレーから避暑地ピンウーリンに向か...

マンダレー不動産事情

学校移転に伴い、30か所ほど物件を見てきました。そこで気づいたことを書きます。 まず、マンダレーは オフィス向き物件が少ない! 店舗向けや住宅は多いですが、オフィスとして使えそうなのは数か所で、それもここ1,2年で建設されたものです。 その一つはこの写真の物件です。...